MENU

ハーレーを買取査定してもらうなら、バイク王で!

 

「ハーレーを売って、そろそろ新しいバイクへ乗り換えようかな?」
「どうせ売るなら、高く買い取ってほしいな・・・・」

 

というあなたへ!

 

 

結論から言うと、買取店である”バイク王”で査定してもらいましょう!

 

【↓↓バイク王公式サイトはこちら↓↓】

 

 

公式:→https://www.8190.jp

 

 

 

バイク王おすすめのポイント

 

原付〜大型バイクまで幅広く取り扱い

 

バイク買取の知名度1

 

全国どこでもバイク出張査定が可能

 

24時間365日いつでも申し込み可能

 

都会・地方など買取額に地域差なし

 

 

※出張査定はもちろん無料!

 

「ふーん、どんな感じなんだろう?」

 

とちょっと興味があるだけでも大丈夫です。

 

納得すれば売却をすればいいですし、納得できなければ、断っても費用はかかりませんのでご安心を!

 

【↓↓バイク王公式サイトはこちら↓↓】

 

 

公式:→https://www.8190.jp

 

 

大型バイク!ハーレーダビットソンの魅力とは?

 

ハーレーダビッドソンにのる人

 

世の中に大型バイクの種類は数多くありますが、真っ先に連想されるのがハーレーダビットソンです。特定のブランドにこれだけのファンがいることが珍しいだけでなく、誰もが共通したイメージを持てる大型バイクは他にありません。

 

ハーレーダビットソンの魅力は数え切れないほど挙げることが可能で、それゆえ多くのバイクファンに愛されているのです。

 

真っ先に挙げられる魅力は、ハーレーダビットソンならではのスタイルです。

 

アメリカンバイクを体現しているかのようなボディとチョッパーが特徴で、ライダーは革ジャンとジーンズ、ブーツに加えてジェットヘルメットとサングラスを装着して乗るのが定番です。

 

これら全てが組み合わさってハーレーダビットソンのスタイルが完成します。このスタイルは誰が見ても格好良く、憧れとなっています。

 

また、大型バイクとしての走行性能も魅力です。車体の大きさゆえの重さはありますが、その重さがかえって安定感に繋がり長距離のツーリングでもぶれることなく走り続けられます。

 

リッターバイクなので高速道路に乗っても車体に無理をさせることがなく、余裕を持って走ることが出来るのです。
さらに、ハーレー仲間との繋がりも魅力の一つになっています。

 

 

 

バイク買取で持ち込みと一括査定、どちらが高く売れる?

 

大型バイク

 

バイクを売却する際、バイク買取業者に自分で持ち込みをして査定を依頼するのが良いか、それとも一括査定を利用するのが良いか、どちらがバイクを高値で売却できるのでしょうか。

 

バイクを買取業者に持ち込みで査定を依頼する場合、その買取業者の査定額の基準というものがあります。

 

また、買取業者の規模によっても査定額が変わってきます。ネットワークが広いほど、バイクの査定額は高くなる傾向にあります。

 

これは、ネットワークが広い分だけニーズがあるからです。持ち込みで査定を依頼しますと、このような条件下で買取業者が査定を行います。

 

一方、一括査定を利用しますと、複数の買取業者から査定額が提示されます。一括査定はインターネットで行うことができます。

 

一括査定の最大のメリットは、複数の買取業者が同時に査定を行うことで、競合させることが出来るという点です。

 

買取業者が競合しますので、通常よりも高い査定額を提示してくれる可能性が高いのです。

 

そして、大小さまざまな買取業者が同時に査定を行いますので、査定額の相場を知ることもできます。

 

これらの事から、バイクを売却する際は、買取業者に持ち込むよりも、一括査定を利用する方が高値で売れると言えます。

 

 

バイク買取の一括査定のメリット・デメリットを分かりやすく説明

 

バイク買取を解説する女性

 

バイク買取において一度処理を完了させるだけで複数社への申し込みが完了でき、一気に査定額を知ることができるのが一括査定のメリットです。

 

一件ずつ車両を持込みお話をして額を提示して頂くという方法はスタッフ達の人柄に触れることができるというメリットがあるものの、
なかなか纏まった時間が確保できない方にとっては骨の折れる作業です。

 

しかも、絶対数が少なくて希少性があるタイプではない限り、基本的には時間が経過する毎にバイクの価値が下がっていくので、
初期段階で見積もりを出して頂いた所に再度訪問すると、かつてよりも査定額が低くなっていることも珍しくありません。

 

そのような無駄な手間によって価値の低下を引き起こしてしまわないというのも一括査定のメリットです。

 

ただし、メリットがあるということは当然デメリットになり得ることも存在しており、

 

特に一括査定を行ってみた方々が口を揃えていうのはあらゆる業者から電話がひっきりなしに来るようになってしまったという事です。

 

メールアドレスを登録している場合は受信トレイが一括査定に関する内容で埋め尽くされてしまうような印象にすら感じられます。

 

こうした事実を理解し一括査定をお願いすればバイク買取は滞りなく完了することが可能です。

 

大手VS中小買取店※どっちがお得?

 

バイク買取業者選びは、バイクを高く売るためにはもちろんのこと、安全安心に売るためにも非常に重要なポイントです。

 

大手買い取り業者と中小以下の買い取り業者がありますが、そのうちどの買い取り業者を利用するべきなのかを的確に判断することは、結果を左右するほど大きな違いになり得ます。

 

一般的に、「大手のバイク買い取り業者を利用すれば安定した結果」を得ることができると言われています。

 

要は、大手のバイク買い取り業者を利用すれば、市場相場に則った形で的確な価値で買い取ってもらえる可能性が高いということです。

 

しかし、中小以下のバイク買い取り業者を利用した場合には的確な価値判断を得られなくなってしまうということではなく、あくまでも「安定性」による違いがあるだけです。

 

どちらを選択するべきなのかを判断するポイントは、「具体的な結果」です。

 

外から色々と考えていても仕方がないので、いずれのバイク買い取り業者にも査定を申し込んでみて、実際にいくらの買い取り価格を提示してくるのかを見比べる方法が確実です。

 

また、この方法であれば「ハーレーの買取価格交渉」を行う際の材料として用いることもできるようになるので、価格交渉を行わなかった場合よりも格段に高く売れる可能性があります。

 

事故歴・転倒歴があってもできる?

 

多くのバイク愛好家たちの間では、買取業者に依頼して得たお金で新たに新車を購入する人が急速に増加してきています。

 

ハーレーダビッドソンに事故歴や転倒歴があることでマイナス査定になることはそれほど多くありません。

 

その後のハーレーダビッドソンの修理や定期的なメンテナンスなどをしっかりと実施しているようであれば問題なく買取査定をしてもらえます。

 

専門知識や高度なスキルを持つスタッフが隅々まで丁寧にチェックしていますので、安心して任せられる点も大きな魅力といえます。

 

さらに、バイク買取業者では、高価なパーツをカスタマイズしているバイクを高く評価してくれる場合もあります。

 

これまでかけてきた費用を無駄にすることなく、新しいバイクに使うことができる点も、メリットといえます。状態の良い人気の車種であれば、想像以上の高い買取金額で買い取ってもらえることもありますので、綺麗に清掃した上で買い取りに出すと安心です。

 

 

このように、大切に乗りこなしてきた愛車を手放す際には、事故歴や転倒歴を気にするよりも普段からのメンテナンスを重要視することが何よりも肝心なのです。

 

わかりやすい説明と親身になったアドバイスを与えてくれるスタッフがいる会社は、心から信頼できる存在として親しまれています。

 

 

 

ハーレーダビッドソンが車検切れでも買取は可能?

 

バイクのハーレーダビットソンは、車検切れでも問題なく売却することができます。

 

バイクにもクルマにも言えることですが、車検はほとんど関係ありません。確かに車検切れになると、車検ありの車両よりも買取額は安くなりますが、売却できないわけではありません。

 

ハーレーダビットソンの売却において注意したいのは、車検を通してから売ろうと考えることです。この方法はほぼ間違いなく損をするので注意してください。

 

買取業者は格安で車検を通すルートを確立しているので、売り手が自分で通してしまうと損をします。例えば車検に7万円かけて売却しても、
それが買取額にそのまま反映されるわけではありません。7万円かけて3万円しか反映されないのなら、結果的に4万円のマイナスとなるでしょう。

 

ハーレーダビットソンに限らず、バイクはそのままの状態で売却するのがベストです。

 

傷・凹みがある場合は自己修理できる場合は修理して、無理な部分は放置して売却しましょう。

 

車検入れ・傷ありでもまったく問題なく売れるので、そのまま買取業者の査定を受けてください。バイクはたとえ不動車であっても、パーツは生きている部分が多いので、
問題なく売れることが多いのです。価値がないと決め付けてしまうと、足元を見られるので注意してください。

 

 

TOPへ戻る